知育プログラム「RIN&DA WE」

リンダ ウィー

RIN&DA WEとは?

RIN&DA WEは、
「世界をぐるり!こども絵本リレープログラム」から始まる、
子ども向け知育プログラムです。

RIN&DA WEには、子どもたちひとり一人が、
身の回りや地球上の困りごとに目を向ける仕掛けが盛りだくさん。
「困りごと」を「自分ごと」としてみんなで助け合っていく目線を大切にし、世界へと視野を広げ、子どもたちの「想像力」と「創造力」を引き出しながら、 21世紀型スキルを育んでいきます。

合言葉はSMILE

子どもたちが自発的に
「やってみたい」と思える枝葉を広げ、
たくさんのSMILEを実らせていきます。

RIN&DA WEは、新しい学習指導要領の
「アクティブラーニング」「主体的な学び」「対話的な学び」
「深い学び」に対応した知育プログラムとして、
国語、社会、総合的な学習の時間に取り組むことが可能です。

21世紀型スキルを育みます!

物語「リンちゃんとダーリンの大冒険 第1話 魔法のコインをさがしに」をベースに「世界をぐるり!こども絵本リレープログラム」を教育現場に取り入れ、「21世紀型スキル」を育みます。

More

教育現場で子どもたちの「やってみたい」を実現!

RIN&DA WEでは、教育現場やグループ単位の実施をご希望の方に、
初めてでもわかりやすく取り組んでいただけるよう、「プログラムキット」を用意しています。

キットには、授業の「ガイドライン」や、B4版の紙芝居風になっている
リンちゃんとダーリンの大冒険 第1話 「魔法のコインをさがしに」絵本、
順序よくプログラムを進めるためのわかりやすい「ワークシート」など、
様々な学びの広がりに対応するアイテムがすべて揃っています。

※尚、RIN&DA WEのプログラムは、小学校の先生方と一緒に開発しており、
継続してブラッシュアップをしていきます。

プログラムの組み立てkた

「RIN&DA WE」は、CASE1の「こども絵本リレープログラム」をはじめ、
8つのCASEが用意されていますが、CASE1〜CASE8をどのように活用するかは多種多様。
CASE1から順番にCASE8まで進めることも効果的ですし、
CASE1とCASE4を組み合わせて活用することもできます。
その他、それぞれのCASEを単体で活用することもできます。
この様に、CASE1〜CASE8の使い方や活用方法は導入される学校や団体の目的に併せて
フレキシブルに変えられるところも、このプログラムの魅力の一つです。
※活用事例は8つに留まらず、今後、増やしていく予定です。

  1. CASE 01こども絵本リレープログラム

    絵本「リンちゃんとダーリンの大冒険 第1話 魔法のコインをさがしに」の 読み聞かせから始まり、子どもたち一人ひとりが、自由に物語の続きをつくって いくワークショップです。

    more
  2. CASE 02地域に目を向けた
    困りごと解決プロジェクト

    子どもたちが、カメラを片手に、住んでいる地域の困りごとを探し、大人と一緒に解決策を考えて、実践していくプロジェクトです。

    more
  3. CASE 03SDGsを
    知る・学ぶ・宣言する!

    子どもたちが「SDGs」を学び、自分にもできることを考えながら地球の様々な困りごとへと視野を広げていくプロジェクトです。

    more
  4. CASE 04世界に目を向けた
    困りごと解決プロジェクト

    地球規模での困りごとに目を向けた子どもたちが、大人と一緒に解決策を考えて、実践していくプロジェクトです。

    more
  5. CASE 05職業体験

    RIN&DA WEプログラムを通して子どもたちが興味を持った職業をテーマに、職業体験として体験や学びの機会につなげていきます。

    more
  6. CASE 06RIN&DA WEを
    通じた支援活動

    RIN&DA WEプログラムは導入するだけで寄付金がストックされます。この仕組みを使い、子どもたち自身が選んだ支援先にスマイルを届けるプロジェクトです。

    more
  7. CASE 07モノづくり・モノ贈り
    プロジェクト

    子どもたちが身の丈でできる支援を考え、モノづくりやモノ贈りを通じて地球上のとり残された人たちにスマイルを届けるプロジェクトです。

    more
  8. CASE 08学芸会・学習発表会で
    劇として発表

    授業の中で取り組んだ絵本づくりで創り上げたストーリーを、学芸会や学習発表会で劇として発表します。

    more

知育にも、支援にもつながるプログラムキット

RIN&DA WEは単なる知育プログラムではなく
プログラムを導入すること自体が支援につながるように設計されています。
それは、このプログラムが、SMILE認定されたプログラムだからです。

このプログラムを教育現場で導入すると、RINDA foundationの基金内に
各学校ごとのスマイル基金(例:〇〇小学校 スマイル基金)が作られ、
そこに、費用の10%が積み立てられます。
積み立てられたお金は、RINDA foundationを通じて
地球上の支援が行き届かない所に寄付されますが、
支援先を決めるのは、導入した学校の子どもたちです。
そのため、支援先を選ぶ過程で、
いろんなことを調べることが更なる学びにつながります。

「どうやって、みんなを笑顔にしたらいいんだろう?」