応援メッセージ

東大名誉教授・エコカレッジぐうたら村村長

汐見 稔幸 さん

文化創造の大人のチャレンジが子どもの才能を開花する

文化は、それを創造した人とそれを広めた人との協働によって、歴史に残り、伝わる。この「絵本リレープログラム」もまた、痛めつけられた地球を救うために発言し、行動しようとする若い世代に場を与え、それを世界につなげていこうとする素晴らしい試みだ!みんなで応援しないと。

社会福祉法人檸檬会(レイモンド保育園)副理事長
博士(教育学)大阪総合保育大学非常勤講師

青木 一永 さん

このバトンがつながっていったとき、未来はさらにキラキラしている

この絵本はキラキラしている。なぜなら、これは子どもが書いたものだからだ。子どもは現実とファンタジーとを自由に行き来する。そんな子どもが書く物語は、自らが主人公になり、勇気とやさしさとユーモアにあふれている。 この物語は終わることがない。なぜなら、続きを創造するワークショップが世界を飛び回るからだ。物語をリレーするのだ。 このバトンがつながっていったとき、未来はさらにキラキラしていると思う。