RIN&DArlingとは?

代表 有川凛とスタッフの楽しい空想から生まれた、好奇心旺盛で冒険好きな女の子RINちゃんと、相棒の心優しい物知りワンコDArling。RINDA foundationの公式キャラクターとして、様々な場所に登場する予定です。ある時はレポーターやインタビュアーとして、またある時はナビゲーターとして、RINちゃんの目線を通じて見て感じて体験したことをドンドン発信していきますので、ご期待くださいね!

RIN&DArling_2

 

RIN&DArling 絵本プロジェクト

世界中の子どもたちがリレー方式で物語を紡いでいくRIN&DArlingが主人公の絵本づくりプロジェクト。子どもたちが紡ぎ出す物語の中にあるのは、豊かな発想と未来への希望。
持っていると「願いが叶う」と言い伝えられる魔法のような謎の『SMILEコイン』。
このコインを何としてでも探し出し、地球を幸せにするんだという大きな夢を抱き、RINちゃんが愛犬DArlingとともに冒険に出ることからこのストーリーは始まります。

様々な国のそれぞれの子どもの感性を大切にし、リレー方式で綴られていくこの物語は、本部があるインドの地で昔ながらのハンドプリントの技法を用いて、一冊ずつ丁寧に美しい絵本に仕上げていきます。

私たちは子どもたちの豊かな発想を大切にし、価値ある絵本と絵本から派生するモノに高い付加価値を付けて商品化することで、不均衡な世界の富を必要とするところに回し、誰もが生きやすい世界の実現を目指します。


RIN&DArlingの大冒険ープロローグー

主人公のRINちゃんは、見渡せば田んぼや畑ばかりで、
古墳や旧跡があちらこちらにある京都の片田舎で育ちました。
現実主義者の母ちゃんと夢追い人の父ちゃんという両極端な両親に育てられますが、
やっていることといえば、原っぱや土手に座っては、空想ばかり。

ある時、「お父さん、お母さん。なんか地球が苦しそう。なんか、助けなあかんみたい」
という風変わりな手紙を残し、愛犬DArlingをつれて家を飛び出します。
地球を助けるために、様々な冒険を繰り広げていくRINちゃんと愛犬DArling!

 

いろんな人たちとの出会いが、彼女の壮大な夢を、一つ一つ形にしていくのです。そんな冒険物語を、実話を盛り込みながら展開していきます。もしかすると、これを読んでいるアナタも、登場するかもしれませんよ?

絵本プロジェクトのお問い合わせはこちら

 

RIN&DArlingものづくりプロジェクト

日本はもとより世界中には、価値が正しく評価されずに埋もれている「技術」や「もの」がたくさんあります。また、家の中にも使われないまま忘れられている良いモノたちが眠っています。この状況があまりにも残念でもったいないと思うのです。今は埃をかぶっていても、現代の感覚に合わせて形を変え丁寧に磨けば自分だけの宝物に変わります。

私たちはこの「ものづくりプロジェクト」を通して、

  • 身近にある良いもの・温もりのあるもの・味わいのあるものに気づく
  • 次世代に素晴らしい「技術」や「もの」を継承できる環境を作る
  • 技術を正しく評価して「ものづくり」をする人たちに富を循環させる

そんなきっかけを作りたいと考えています。

RIN&DArlingがナビゲーターとなって、世界中のものづくりの現状をご紹介しつつ、魅力的なオリジナル商品も販売していきますので、楽しみにお待ちくださいね!