RINDA foundation JAPAN,INDIA
JAPAN 創設者/代表理事
INDIA Founder
有川 凛(ありかわ りん)

1974年京都生まれ。南山大学外国語学部英米科卒業。
IT企業にてシステムエンジニアとして従事した後、人材開発コンサルタントを経て、東京海上日動火災保険株式会社に入社し、2016年9月退職。

2010年に結婚。海外で出産と育児を経験し、帰国後、第二子を出産。子育てを通して、母と子が心身ともに健全であることが一番大切であり、また、地域社会とは、「子ども」「大人」「老人」の三者がバランス良く結びついてこそ、うまく成り立つと考えるようになる。

2013年2月、東京海上日動火災保険株式会社にてワーキングマザーとして勤める傍ら、同じ志を持った地域の人々を巻き込み「女性が子供を産み、育てやすい地域づくり」をする社会貢献を目的としたNPO「恩渡しネットワーク」を設立。

さらに、この活動を資金面で支え、社会が抱える問題解決や社会的価値の創出を図るために、2013年11月に義母を代表とする「らしゅえっとLa Chouette」を設立(2016年6月法人化)。

2014年1月より、「生きやすさ」と「循環(持続可能性)」の2つのキーワードを活動ポリシーに、除菌水シリーズ「まましゅっしゅ」の商品企画、制作、販売。2年連続で「キッズデザイン賞」を受賞し注目を集める。

2015年8月、「アジアNGOリーダー塾」で学ぶ。社会貢献活動を日本に限らず、世界の子どもたちの「笑顔」「健康」を生み出したいと願うようになり、ビジネスで培った手法を取り入れて富の集中ではなく、好循環させる仕組みとして「SMILEプロジェクト」を立ち上げて活動を開始。

2016年9月、東京海上日動火災保険株式会社を退職。2016年12月、株式会社らしゅえっと 代表取締役に就任。

2016年12月、世界中に「SMILE〜Sharing Mracle In Life Everyday〜」を届けるため任意団体「RINDA foundation JAPAN」を設立。2017年8月13日、インド初の非居住日本人女性が代表となる財団法人「RINDA foundation」をインド バンガロールに設立。

インドHYGIYA社と協力し、インドの衛生環境の改善と貧困層の雇用推進を目指し、インドにおいて「まましゅっしゅ」の製造販売を展開しはじめるなど、その活動範囲は世界に広がりつつある。

また、70歳で白血病を発病し前向きに立ち向かう父を通じ、どんな過酷な状況においても、年齢に関係なく誰もが「生きやすさ」を追求して助け合いながらも「らしく」生きる環境を作りたいと考えはじめる。現在、父の作品を紹介し「100年ライフ」の企画展を計画中。

 

 

RINDA foundation JAPAN,INDIA
JAPAN 創設者/評議員
INDIA Co-Founder
RAJKUMAR SAMBANDAM(ラジクマール サムバンダム)

1971年、インド・ポンディシェリ生まれ。
大学卒業後、1996年にITエンジニアとして来日。2001年にITビジネスで起業する。現在は家族を日本に残し、インド・バンガロール(本社)、チェンナイ、名古屋を拠点に企業向けの日本語研修の学校『Navis Institute of Foreign Language』を展開し、人材開発会社『Value Wings』及び、インド唯一のおしぼり会社『Hygiya』等を経営。定期的に日本とインドを往復している。

2015年に創設者の有川凛に出会う。有川が描くビジョンに感銘を受け、自らも社会貢献について考え始める。2017年8月13日 インド・バンガロールに、誰もが自分の価値を認め自分らしく生きられる『持続可能な生きやすさ』がある社会を目指して、有川とともに財団法人RINDA foundation本部を設立。

多様性のある従業員を差別なく受け入れ、評価し、平等かつ公正に評価することで、誰もが自分自身の能力を発揮し、差異を強みに変えることで、組織に変化をもたらし、『持続可能な生きやすさ』に貢献することができるという信念を持つ。現在、この理念を実行すべく、S=HxE(イコールシー)認証をインド国内の企業に広めるために奔走している。