一般財団法人RINDA foundation JAPAN 創設者/代表理事
RINDA foundation INDIA Founder/Chairman
有川 凛(ありかわ りん)

1974年京都生まれ。南山大学外国語学部英米科卒業。
IT企業にてシステムエンジニアとして従事した後、人材開発コンサルタントを経て、東京海上日動火災保険株式会社に入社し、2016年9月退職。

2010年に結婚。海外で出産と育児を経験し、帰国後、第二子を出産。子育てを通して、母と子が心身ともに健全であることが一番大切であり、また、地域社会とは、「子ども」「大人」「老人」の三者がバランス良く結びついてこそ、うまく成り立つと考えるようになる。

2013年2月、東京海上日動火災保険株式会社にてワーキングマザーとして勤める傍ら、同じ志を持った地域の人々を巻き込み「女性が子供を産み、育てやすい地域づくり」をする社会貢献を目的としたNPO「恩渡しネットワーク」を設立。

さらに、この活動を資金面で支え、社会が抱える問題解決や社会的価値の創出を図るために、2013年11月に義母を代表とする「らしゅえっとLa Chouette」を設立(2016年6月法人化)。

2014年1月より、「生きやすさ」と「循環(持続可能性)」の2つのキーワードを活動ポリシーに、除菌水シリーズ「まましゅっしゅ」の商品企画、制作、販売。2年連続で「キッズデザイン賞」を受賞し注目を集める。

2015年8月、「アジアNGOリーダー塾」で学ぶ。社会貢献活動を日本に限らず、世界の子どもたちの「笑顔」「健康」を生み出したいと願うようになり、ビジネスで培った手法を取り入れて富の集中ではなく、好循環させる仕組みとして「SMILEプロジェクト」を立ち上げて活動を開始。

2016年9月、東京海上日動火災保険株式会社を退職。2016年12月、株式会社らしゅえっと 代表取締役に就任。

2016年12月、世界中に「SMILE〜Sharing Mracle In Life Everyday〜」を届けるため任意団体「RINDA foundation JAPAN」を設立。

さらに、2017年8月13日、インド バンガロールにて、インド初の非居住日本人女性が代表となる財団法人「RINDA foundation INDIA」を設立。2018年8月13日、日本においても一般財団法人RINDA foundation JAPANを設立。

インド現地企業と協力し、インドの衛生環境の改善と貧困層の雇用推進を目指し、インドにおいて「まましゅっしゅ」の製造販売に向けて準備を進めている。

また、実父の病気介護を通じて、介護職の必要性と人材不足を痛感。インドに地球全体で人材を好循環させる介護人材育成の学校を作るべく奔走している。

70歳で白血病を発病しながらも前向きに挑戦し続けた父の生き様を通じ、どんな過酷な状況においても、年齢に関係なく誰もが「生きやすさ」を追求して助け合いながらも「らしく」生きられる環境作りを目指す。

現在、父の作品を紹介し「100年ライフ〜人生面白可笑しく〜」の企画展を計画中。

 


 

一般財団法人RINDA foundation JAPAN 創設者
山本 夢拓(やまもと むたく)

1947年 京都生まれ。
69歳までの約50年間、第一線で商売を続けるが、70歳を目前にして急性骨髄性白血病を発病。

どんな過酷な状況においても、持ち前の明るさで病に前向きに立ち向かい、臍帯血移植で一命を取り留める。この経験から、娘である有川凛の活動に意義を強く感じ、その理念に共感して自らもファウンダーとなる。

命を救ってもらった恩返しをしたいとの思いで、売上の一部が臍帯血バンクに寄付される財団のキャラクター人形222体の商品制作に携わる。療養中は大切にしてきた「一期一会」の想いを伝えるために、一枚一枚魂をこめて毛筆の書を書き続けていたが、財団法人設立を見届けた2018年8月17日、白血病再発により帰らぬ人となる。享年71歳。

「人生面白可笑しく!」を座右の銘とし、病床にあっても常に笑顔とユーモアを忘れず「生きる」ことに挑戦したその姿は、周囲の人々に勇気と笑顔を与え続けている。